赤字企業の増加やIT化の普及などにより、税務会計を中心とする『過去会計』だけでは、顧問料の維持はできない厳しい時代になりました。今、中小企業の経営者が求めているのは「これからどのような経営をしていけば将来がよくなるのか」という『未来会計』のアドバイスです。

MAP経営は経営計画の専門会社として、会計事務所に向けて経営計画の《システム+スキル+コミュニティー》の提供を行っています。経営計画サポート自体は多くの会計人がすでに実践していることと思います。しかし、会計事務所が経営計画を作ってあげる他人の作文のような形や、現場積み上げの行動計画が伴わない財務の延長計画では、なかなか成果にはつながりません。私共が当社会員と共に実践している『MAS監査』は、経営者が自ら会社の課題に気づき、自らの力で解決していくように導く経営サポートです。加えて、参加型の経営計画により、社長だけでなく幹部や社員の協力を得る組織経営を実現し、企業の安定成長へと結び付けていきます。『MAS監査』は従来の会計業務に付加価値をもたらし、顧問先企業の経営のパートナーとして信頼を得ることを可能にします。

経営者と未来のことを一緒に考えられる会計事務所がたくさん生まれることによって、良い経営ができる中小企業も増え、全国の中小企業の発展に繋がります。MAP経営はこれからも、同じ志を持つ会計人の皆様と共に、中小企業の存続と発展に寄与してまいります。

代表取締役高山 範雄

History 会社沿革

1989

株式会社ユニバーサルエナジーの設立

コンピューターソフト制作、企業経営に関する計画作成・受託業務、経営組織改善を目的とした立案・アドバイスを行う会社として事業スタート。

1994

『MAP経営シミュレーション』が誕生

長崎県の岩永会計事務所・岩永經世氏(税理士)と新しい経営支援業務の形である『MAS監査』を開発。経営シミュレーションシステム『MAP経営シミュレーション』と共に普及にむけた事業展開を開始する。

第1回『将軍の日』を開催

中小企業の経営者向けセミナー『将軍の日』の第1回が開催される。以後、『MAS監査』サービスの中核として数多くの経営陣が参加。参加者の満足度9割以上という高い評価を得つづけている。

1997

あんしん経営をサポートする会発足

経営者の夢を実現するため、経営計画や『MAS監査』サービスを実践する全国の税理士・会計士等により組織された、経営サポートのエキスパート集団。
“広報・研鑽・実践”を全国レベルで行っている。

2002

大阪支社の新設、全国へと
事業展開

大阪市内に支社を新設。さらなるサービスの拡充を図る。
会員の顧問先支援向上を目指し『MAS監査』プランナー制度を創設。

2007

「株式会社MAP経営」に社名変更

全国の中小企業へのサポートや、さらなるPlan-Do-Seeサイクルの定着、自社の事業拡大を目指して、新たなスタートを切る。

2012

会員制度「未来会計クラブ」導入

『MAS監査』の事業化を推進するため会員制度を導入。ソフトウェア、コールセンター、教育・研修、サポートチーム、コンサルティング、全国ネットワークという包括的なサポートを開始する。

2014

自社ソフトウェアの強化
『MAP3』リリース

会計事務所向けソフトウェア『MAP経営シミュレーション3(略称:MAP3)』をリリース。