とことん悩んで、その時の最高の結論を。

システム開発グループ
グループリーダー

洞崎晃一

  • MAP経営に入社までの経緯を教えてください。

    MAP経営が3社目の会社になります。社員歴としては5年目です。長く働かれている方はかなり長いので、僕は中途半端な立ち位置になりますね。ずっとシステム開発系の仕事をしていて、1社目も2社目もシステム開発会社で働いていました。3社目もシステム系の会社だと思って入社してみたら、1社目2社目とはちょっと違ったような感じでした。

    READ MORE
  • MAP経営に入社を決めた理由を教えてください。

    1社目2社目の時は、色々な現場に行ってシステム開発をしていました。現場を周ることで、人脈は広がりますが、知識が中途半端になり業務的な部分も中途半端になってしまう事が多かったです。まさに“浅く広く”という仕事のやり方だったので、次は、もっと深く仕事がしたいと思った時にMAP経営のソフトを知り、ここなら深く開発ができると思い入社をしました。

    READ MORE
  • 今までの会社とMAP経営はどんなところが違ったのですか?

    「お客さんの意見が直に伝わってくる」ところが違うと思います。ソフトのシステム開発や改修という業務的なところでは、どの会社ともさほど変わりありません。でも、システムを開発する側としては、お客様にリリースして実際に使ってみてどうなのかという声がモチベーションだったりもします。使って頂いている方のレスポンスがとても早いので、そこが違うところだと思います。普通は、声や意見が来ても営業チームの人達の中で止まったりとか、1ヶ月分の声がある程度溜まってまとめてきたりすることが多いです。でもMAP経営の場合は、直で伝わってきます。それはどんな声だとしても開発としてはすごく嬉しいことです。

    READ MORE
  • 今の夢は何ですか?

     

     

    今は腰を据えた開発ができているので、ソフトの開発を通してうちの会社の経営理念に貢献しようという目標があります。他には、開発全体を任されたいというのはあります。開発の管理とかシステムの統括をしてみたいという思いもあります。

    READ MORE

最後に、学生のみなさんへ
メッセージをお願いします。

今の時代は選択肢が増えているので、進路を決めるのも一苦労だと思います。でも、悩むという事はとても良いことだと思います。とことん悩んで、その時の最高の結論を出してもらえれば、その先にどんな出来事があったとしても後悔する事はないと思います。悩む時間は他に教材の無い良い勉強になるし、今はインターネットとかも普及して様々な情報が得られます。それを全て鵜呑みにするのではなく、自分の目的や意識をしっかり持っていればきっと良い方向に進めると思います。