社会へのインパクトをみすえた「大志」を持ってほしい

執行役員
BriST事業部

坂本義和

  • MAP経営に入社されるまでの経緯を教えてください。

    企業経営や専門系コンサルタントの経験を経て、別の企業で取締役をしておりました。

    その業務を通じてMAP経営のみなさまと仕事をする機会があったのですが、浅野社長や安江取締役やみなさまとの交流が深まる中、自分自身もMAP経営で活躍させていただきたいと思い入社いたしました。

    学生時代は、哲学・思想などの一般教養および資格試験を通じた実学の勉強など主にインプットに力をいれておりました。他にはスポーツの指導をするコーチ、資格試験予備校や事業会社での上場準備のアルバイトをしておりました。

    READ MORE
  • 入社の当時と現在の夢を教えてください。

    浅野社長の目指すビジョンを実現したいと考えて入社いたしました。中小企業の輝く未来を創造するために必要な社会課題・顧客課題を解決するような事業を開発・推進したい、自分自身が中心的・主体的にすすめていきたいという夢を入社当時にもっていました。

    今でもその夢は変わっておらず、その上でMAP経営という会社を日本や社会にとって必要不可欠な存在にしたいと考えています。中小企業で働く社員のみなさまの幸福度を上げるような事業も手掛けていければと考えており、まずは自分自身が楽しんで仕事をしていきたいと思います。

    READ MORE
  • その夢を抱いたきっかけを教えてください。

    入社のきっかけがそもそもMAP経営の一員として自分も活躍したいというものだったことがあります。MAP経営・浅野社長のビジョンと私のビジョンが一致しているということもいえます。育ってきた環境、中小企業の発展への信念もきっかけといえるかもしれません。

    READ MORE
  • 今、されている業務内容を教えてください。

    主には新規事業の開発、既存事業の機会の追求の検討をし、具体的な事業・業務になるように企画を行い、事業を推進していくことを行っています。

    事業の根幹にかかわる業務が多いので、業務範囲は広く、付随・関連する業務も多岐にわたるため、とてもやりがいはあります。

    考えるだけではなく、実際に推進していく必要があるので、自分自身が手を動かしてサービスを提供する機会や、直接お客様へ営業・提案する機会もあり、毎日が仮説検証の日々になっておりとても充実しています。

    READ MORE

最後に、学生のみなさんへ
メッセージをお願いします。

大志を持つこと、実現のための挑戦を続けること、そのための大切な第一歩が学生を終えたあと何をするかです。就職するもよし、起業するもよし、職につかないもよし、です。

どんな選択も無意味なものではありません。ただ、大きな目的の中で考えないと、その選択の「意味」「位置づけ」が不明瞭になります。ですから、まずは大きな目的が大事で、できれば社会へのインパクトをみすえた「大志」を持ってほしいと思います。

大志を実現するためには、挑戦が必要です。挑戦の「結果」は達成か、挑戦を止めるか、です。挑戦に「失敗」はないと私は信じています。

どんな選択・行動にも目的が必ずあるはずで、このページをご覧になった「目的」も必ずあるはずです。その目的のためにお役に立てたなら幸いです。

1週間の流れ

  • 神田近辺でのシステム会議の合間に軽めの昼食

  • 〇〇協会にて経営セミナー・討論会のファシリテート

  • 新大阪でのイベント参加。合間に商談

  • 取引先での企画会議が盛り上がり夕暮れどきに

  • 終日資料作成。業後に異業種の方と少人数での情報交換

  • デザートビュッフェにて彼女とゆっくり休憩。その後は振り返りと中長期タスクの確認