No.1のコンサルタントになりたい。

TEAM MAPディビジョン
東日本支社

藤本彰

  • 新卒研修では、具体的にどのようなことをされていますか?

    MAP経営の経営理念を改めて学び、会計の勉強など、研修を通して学んでいます。その他に、OJTで人事や広報など色々なことを幅広く担当して学んでいます。

    READ MORE
  • 入社の決め手は何でしたか?

     

     

    コンサルティング業界志望だったので、業界全体のことを自分なりですが調べていました。色々なコンサルティング会社がありましたが、その中で一番現実的なコンサルティングをしているのがMAP経営だと思いました。コンサルティング業界は一歩間違えれば怪しいイメージもありますが、そういうところを上手く払拭してくれるような会社でした。なので、数ある中でもMAP経営を選びました。

    READ MORE
  • 入社当時の夢を教えてください。

    社内でNo.1のコンサルタントになりたいと思っています。そのためには会社全体で、経営理念に向かって皆で成長していく必要性があり、それがどんな場面においても大切なことだと思います。辛くても自分が頑張ればと周りもそれに影響されて自然と頑張れる経験が皆さんもあったかと思います。その場にいるだけで影響を与えられるような人になることがやはり理想ですね。相乗効果を起こせるような、社内に限らず周りにも影響が与えられる人間になるためにこれから成長したいと考えています。

    READ MORE
  • その夢を抱いたきっかけを教えてください。

    ほとんどの人がコンサルティングを自分の知識や熟練されたノウハウを使ってアドバイスをしていくようなイメージを持っていると思います。最初は自分も、そういうイメージを持っていました。でも、本当に売り上げを伸ばすとか、クライアントの社長や経営者の方の目標や経営理念を達成するためには、そういう実際の現場を知らない人の知識や意見で売り上げを伸ばすのは、あまり良くないなと思っていました。各業界の本当の真意は、やっぱり働いてみないと分からないです。それよりもやっぱり社長の考えを深堀していくとか、割と知識じゃない部分、人間性っていう部分ですかね。MAP経営の浅野社長も言っていることなのですが、‘人間力’の部分、コミュニケーション能力ですとか、そういう部分が結構重視されているなというのを就職活動中に感じたからですね。

    READ MORE

最後に、学生のみなさんへ
メッセージをお願いします。

大学生活は4年間自由に動くことができます。学生なのでもちろん勉強することも大事だと思います。でもそれ以外にもチームを組んで何かを成し遂げたり、0から何かを企画して実行してみたりしてほしいと思います。高校までは個人プレーをしていても何とかなりますし、いつでもやれることです。でも、皆と何かするって大学でしかできないことだと思います。‘色んな人と一つのことをできる’そういう能力を伸ばせる機会なので、ぜひ部活とかサークルとかで、何か一つ「◯◯を成し遂げました」と胸を張って言える実績を何か頑張って残してほしいです。

1週間の流れ

  • チーム会議、資料作成、都内のクライアントを訪問し課題をヒヤリング

  • 都内の大型クライアントの支部長会議に参加しプレゼン

  • セミナーの司会・進行・講師(将軍キットセミナー)

  • 福島へ移動しクライアントと今後の方向性について打ち合わせ、その後会食

  • 福島から新潟へ移動し研修に同行

  • スキルアップセミナーに積極的に参加、夜は横浜のクラブにてDJ