「MAS監査」
5つのSTEPを攻略。

MAS監査」は、第二の顧問料となる月次のサービスモデルです。計画を立てるために、現状を知ることから始めます。
そして、会計事務所向けソフトウェア「MAP経営シミュレーション3(略称:MAP3)」を使用しながら、5ヵ年の経営計画書を作成し、
単年度の数値計画と行動計画を立て、全社員に発表し共有することで、目標達成の意識を高めます。
その後は、毎月目標と現状の差を埋めていく会議を継続していきます。

STEP01

-支度の日-未来診断

経営計画を立てるためには、現状を知ることが大切です。「MAS監査」では、「決算評価」や「現状計画」のデータにより、定量・定性面での現状と、このまま経営するとどうなるかを正確に把握。それに基づいて未来を想定し、夢と現状をクリアにするための経営計画の準備をします。それが「未来診断」です。

※現状計画…前期の売上高や販管費等の損益状態を維持した計画。損益維持の場合に将来の貸借やキャッシュフローの状態がどのように変化するのかを確認するために利用する。

STEP02

-将軍の日-中期5ヵ年計画立案

「将軍の日」とは、戦国時代の将軍が戦場から離れた陣営で戦局を見極めながら戦略を立てていたように、 顧問先経営者が日常業務から離れて、自社を取り巻く経営環境を見つめ直し、会社の5ヵ年計画を立てるためのセミナーです。

STEP03

-軍議の日-単年度計画立案

できあがった5ヵ年計画をもとに、「数値計画」と「行動計画」を立てるのが「軍議の日」。まずは1年目の目標を達成するために、毎月のアクションプランに基づく月別数値計画書を作成します。顧問先経営者だけではなく、経営幹部や現場責任者、全社員参加での立案も可能です。

STEP04

-開戦の日-経営計画発表会

将軍の日、軍議の日を経て作成した経営計画書をもとに、経営計画発表会を行う「開戦の日」。顧問先経営者の目指す方針を内外に周知させ、全社員と目指すべき方向性を共有する場を設けることで、目標達成への意識を高めます。

STEP05

-合戦の日-いちげつ経営会議の日

月に一度、経営会議を実施し「数値計画」や「行動計画」に対する現状との差異を分析。今後の課題を明らかにし、これを解決するための次月以降のアクションプランを練り直します。このサイクルを早く回すことで、目標達成への精度を高めます。