未知を道へ変える
サービスです。

「MAS」はマネジメント・アドバイザリー・サービス(経営支援業務)の略です。
「MAS監査」は中小企業が目標達成できる経営体質を構築するための仕組みづくりのサポートです。
全国の会計人が実践し、顧問先に新しい価値とノウハウを提供しています。
経営計画の作成、実行した結果の検証、生み出された課題への対策、社員のモチベーション向上など、
さまざまな面から経営サポートを行うことで「未知を道へ」変えていきます。

01.

『MAS監査』とは…

課題と問題を
抽出し続けることです。

「あるべき姿」になるには身近にある「問題」を、
「ありたい姿」になるには会社全体に関わる「課題」を解決する必要があります。
『MAS監査』では、この「問題」と「課題」を抽出し続けることで、
お客様を「あるべき姿」さらには「ありたい姿」へと導いていきます。

02.

『MAS監査』とは…

経営計画を
つくり続けることです。

『MAS監査』では、まず会社の「目的」として、経営理念やビジョンを策定します。
そして、それらを会社・部門・個人単位の具体的な「目標」へと落とし込み、
会社全体での浸透を図り、「経営計画」遂行への意識を高めていきます。

PDSサイクル

「P=Plan(仮説)」

「D=Do(実践)」

「S=See(検証)」

を毎年繰り返す独自のサイクルで着実な成果へ!